おなかカウンセリングアクセス集中の為一時閉鎖

おなかカウンセリングアクセス集中による公開休止状態

おなかカウンセリングアクセス集中の為見れなくなったいます

おなかカウンセリングをご覧頂いてたお客様へ

 

この度、別サイトにあります「おなかカウンセリング」のホームページが

 

1日に7000人ほどのアクセス集中によってサーバーに負荷がかかり、

 

現行サーバーでは対応できなり、ホームページの公開ができなくなってしまいました。

 

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

アクセス集中にも対応できるサーバーへの変更を現在、急ピッチで行っております。

 

おなかカウンセリング自体は変わらず行っておりますので、お問い合わせください。
(しらいし自然療術院へのアクセスはこちらへ)車の場合  電車の場合

 

今月2014年12月内もしくは2015年1月には再度公開可能になるように準備しておりますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

おなかカウンセリング
代表 白石ゆうじ

おなかカウンセリング前無料相談

 

私に必要な治療法、自然療法ってどれなんでしょうか???

 

どうすれば改善し、自然に治せますか??

 

このようなご質問などに対して

 

ストレス性胃腸病・症状の専門家として

 

あなたに最も必要なものをお伝えいたします。

 

 

カウンセリング受けてみたいけど。。。

 

どんなものなのかな???

 

何回ぐらいで改善してくるんだろう???

 

どんなカウンセリングなんだろう???

 

電話だけど大丈夫かな???

 

ご質問にしっかりお答えいたします

 

漢方薬が胃腸に良いのはわかるんだけど。。。。

 

漢方薬って自分に必要なのかな???

 

どれくらい飲めば効果があるんだろう???

 

本当に効くのかな???

 

病院で飲んでいたのと同じ漢方薬なのかな???

 

ご質問にしっかりお答えいたします

 

Q.なぜこのような無料相談を行うのか??

 

おひとりでもストレス性胃腸病や症状が改善され、健やかな毎日を過ごせるお手伝いがしたい、そう思ってこの「おなかカウンセリング」はスタートさせました。
その当初の思いを忘れず、ご相談いただいた方には全力でサポートさせていただき、健やかで幸せな毎日のお手伝いをさせていただきたいと思っています。
またカウンセリングや漢方相談が初めてのお客様も沢山いらっしゃいますので、疑問や質問にお応えできる良い機会であると思いますのでご活用ください。

 

 

Q.人数限定ですか??

 

はい、人数限定にさせて頂きます。
カウンセリングや漢方相談のお客様のお時間は割けれませんので、わたくしの空いた時間とご相談者様の空いたお時間がマッチした時間でご相談を受けます。

 

 

Q売込みされますか??

 

強引な勧誘や無理な提案は一切しておりません。
状況によっては、その方の住む現地の上手な整体師さんや漢方家の先生をご紹介する場合もあり、ご相談者様に適切なご回答をさせて頂けると思います。売込みの定義はわかりませんが、ご相談された方が最も良い方向へ行くことをしっかりとご回答させていただきますのでご安心下さい。

 

 

Q.カウンセリングではないのですか??

 

カウンセリングは、この無料相談とは違います
カウンセリングってどんなものだろう?自分に必要かな?どれくらいやればいいの?自分の状況に必要ですか?何が一番必要ですか?
そんなご質問を回答できる数少ない無料相談だと思います。
ストレス性胃腸病・症状専門でやっている私がしっかりとご回答させていただきます。

 

 

Q.どれくらいの時間相談できますか??

 

日時によって異なりますが、およそ15分〜30分と思っておいて頂ければと思います。

 

 

Q.電話の通話料金について教えてください

 

お客様負担でお願いいたします。
こちらから折り返しお電話した場合、再度お客様からお電話くだされば大丈夫でございます。

 

 

Q.受付時間について教えてください

 

営業時間と同じように月曜〜金曜日、第2第4土曜日の10:00〜20:00が受付のお時間となります。
その他の時間は電話を頂いても出ることができませんので、ご了承ください。

 

Q.無料相談の予約方法を教えてください

 

ご予約は、不要です。
直接お電話下さい。
セッション中や施術中などで電話に出られない場合がございますが、ご了承頂いた上、お電話下さい。

 

 

 

 

よくあるご質問

Q.カウンセリングは初めてなんですが、大丈夫でしょうか?
はい。おなかカウンセリングを受けられる方の約7割の方は、カウンセリングが初めての方です。カウンセリングというと最初は抵抗感を感じる方もいらっしゃいますが、心理ワークとして捉えていただければと思います。ほとんどの方が初めてですので安心して受けていただけると思います

 

Q.どれくらいで改善しますか?治りますか?何回ぐらいで実感できます?
皆様同じ病名でも同じ症状でも経緯、体質、病態、そして人生、皆様それぞれ異なります。
3回で自己治癒できたという方から、症状はなくなったけど性格や人生の重荷に向き合い解決するべく数ヶ月行ってる方までいろいろなケースがあります。
実際、ご本人様が素直にカウンセリングに向き合い、腑に落とし、実践していただける場合、改善スピードが非常に早く感じております。
実感は1回目からある方と2〜3回目ぐらいから感じられる方がいます

 

※一般的な改善の流れの曲線図(クライアント様の状態、経験、体質、ストレスなどの状況によって異なります)

 

Q.どこに行ってもダメで、何をやってもダメでしたが大丈夫ですか?
正直そういったクライアント様のご相談は非常に多いです。いろいろ試してダメだったが、ようやくここにたどり着きましたとおっしゃっていただいております。
いろいろ試されて治らなかったには、何かしら理由や要因がある場合があります。そこに大切な意味があります。実際、そういうクライアント様も改善し、自己治癒で完治された方もいらっしゃいます。

 

Q.心理的な変化で本当に自分で治せるのですか?
現代の病気に対し、ストレスが関わっている疾患は7割とも9割とも言われております。特に胃腸病や胃腸症状はストレスと最も深い臓器と言われております。
例えば、胃腸の中に5kgの重りをのせて毎日過ごしている人がいたとしたら、あらゆる症状を引き起こします。その原因の5kgの重りを外せばいいわけです。あとは人間が本来持っている自己治癒力にお任せしてあげればいいのです。風邪が自然に治るように人間には自然に治す力が誰でも備わっています。

 

Q.わたしは疑い深いのですが、先生のお話は本当ですか?
はい、実際に経験された方のご感想や経験、西洋医学、東洋医学、心理、整体学の観点からこのサイトを構築しております。
東洋医学では、考えすぎると、気にしすぎると胃腸が傷つくと言われております。その胃腸が慢性的に傷つくと「疑い深くなる」「囚われやすくなる」になります。
要するに
考える(気にする)⇒胃腸の負担⇒症状出る⇒不安や心配・失望⇒考える(気にする)
というサイクルに囚われてしまいます。

 

そこが一番「ストレス性胃腸病胃腸症状」の難しい所です。
ですから疑い深くて、囚われやすくても胃腸特有の性格的傾向の反映ですので、ご自身を責めないでください。
囚われから抜け出す、疑いを晴らすことがどれだけ重要かセッションでお話しております。
(ここがキーポイントの方も多くいらっしゃいます。それぐらい大切です)

 

Q.おなかカウンセリングで悪化することはありますか?
好転反応がある場合が稀にあります。
ストレスやトラウマなど急速に癒されたり、大きな障害が大きく癒された場合にだるくなったり、微熱が出る場合がまれにあります。心の変化を体が表現している証拠でもありますので、経過することで体は改善に向かいます
胃腸病は良くなったり悪くなったりする「症状のゆらぎ」が大きい臓器ですので、天気や気候、食事や生活習慣、ストレスのかかり具合で症状が出やすいので大きな視点でみていただくと改善していくのは実感していただけます。

 

Q.どれくらいのペースでカウンセリングを続ければよいでしょうか?
基本的には、クライアント様のペースに合わせて行います。
早く治したい方は、週1回、症状が苦しい方は2週間に1回、調子が良くなってきている方や余裕がある方は、1ヶ月に1回ぐらいのペースが比較的多いと思います。
金額的な面もあると思いますが、通常、専門的なカウンセリングは1回1万円を超えるような(高いものは3万円や5万円もあります)高価なものが多いですが、できるだけ多くの方に完治するまでできるだけ続けやすい価格としてこの金額でさせてもらってます。
胃腸の悩みを数十年かかえていらっしゃるかたもいますから、本気で治したい時には、自己投資と思ってセッションを受けてください。必ず人生に数十倍になって帰ってきます。(クライアント様の経験とご感想でそう言って下さっています)

 

Q.体質的な胃腸の弱さ、数十年も悩んでいるこの症状や病気が変わりますか?
実際変わっている方がいらっしゃいます。数回では難しいと思いますが、ご本人様の変わる力があれば可能です。体質的、長年の思考のパターンや性格的な深い部分に関わりますので、人生自体もどんどん良い方向へ変化していく方が多いです。

 

Q.どんな方が治りにくいですか?自己治癒できないケースってありますか?
先ほど、疑い深いことは胃腸病や胃腸症状をお持ちの方には多いと書きました。実際、セッションを受けていただき、「疑う」から「信じる」に転換することで回復スピードが上がることが多いです。逆にいつまでも信じれない、疑うこころから抜け出してはいけないと思っている方はなかなか治りにくい傾向があります。(セッションによって疑うが信じるに変われる方は多いです。なぜここの部分がそれほど大切なのかはセッション中にお聞きください。)
基本的にはご本人様がどのような方でも、どのような重症でも、その方が信じ、思考や感情を変え、行動を変化させることができれば自己治癒できると感じております。
逆に、絶対わたしは変わりたくないと強く思って頑なに拒む方は、なかなか自己治癒力を引き出さられないケースとなることが多いですね。

 

Q.漢方薬も併用すると良いですか?漢方薬だけでも治せますか?
まず併用すると、心理的側面と物理的側面の両方からアプローチできますから、非常に効果的です。
ただその分の1ヶ月あたりの費用は増えます。
漢方薬だけで行ってる方もいらっしゃいます。心理的側面の影響が少ない方は、漢方薬だけでも効果がでております。
わたくしのところでお出ししている漢方薬は、生薬の品質や処方を製造する際にもっともこだわりを持つメーカーの処方を用います。
わたくしは、胃腸病、胃腸症状を専門的にみてきていますので、お出しする処方(組み合わせ)などは独特かもしれません。
漢方薬は処方のセレクト(数千種類から選ぶ)と生薬の品質が命ですので、そこを最も重視してセレクトしております。
早く改善したい方には、ぜひ併用していただきたい自然療法です。

 

Q.人生も変わりますか?性格も変わりますか?
過去の囚われから解放されますから、まず毎日が楽になります。性格的な傾向に影響を与えるような原因を癒した場合も性格が自然に変わっていきます。特に考えすぎる、気にしすぎる、心配しすぎる、不安な気持ち、恐れが解放されるとどれだけその方の人生にとって大きな影響があるのか、いろいろな方を見て、私自身の体験を通して実感しております。あきらめず続けていくことで人生の転機にしていけます。よくおっしゃるのが雲がかかっていたところが晴天に晴れた気分ですと言っていただいております。

 

最後に白石より一言!!!
なんでもいいから治したい、あまり信じられないけど本気で改善したい、何かに頼らずに自分で治したい、そろそろ完治させたい方にとって自信を持ってその実現のお手伝いをさせていただきます。人生の転機にしていただくことができます。苦しみ続けるより、苦しいけど向き合って理想の人生にする、それなら早いほうが良いと思います。
ただ、まだ「やろう」と思えない方はやめておいてくださいね。

苦しい時があっても、時に悪化することがあっても、疑ってまた違う治療法を探したいとおもっても、あきらめず続けた方は、皆さん快方に向かっております。おなかカウンセリングで自己治癒して人生を好転するセッションを一緒にやっていきましょう。

 

 

おなかカウンセリング
白石ゆうじ


ホーム RSS購読 サイトマップ