低気圧・台風による頭痛や体調不良など気象病は名古屋の当院で

低気圧・台風による頭痛や気象病|名古屋

そもそも気圧って何?

 

雨が降ると、
嫌な気分や憂鬱になったり、
頭痛がしたり、
膝が痛む、
リウマチが、、、

 

台風が来ると、
少し興奮したり、
事故したところや古傷が痛んだり、
体調不良になったり

 

梅雨や秋雨など長雨によって、
体調が崩れる方も少なくありませんし、

 

誰でも体感されたこともある地球のリズムと身体の関係性を感じる現象ですよね。

 

低気圧が来ると、、、○○
私雨が来る前がわかるの!!なぜなら身体の○○が〜。

 

頭痛や肩こり、腰痛、持病、古傷、ムチウチ、リウマチなどで気づく方もいれば、
なんだか身体がだるいなあ、重いなあ、やる気でないなあ
と感づく方もいます。

 

そんな雨や台風、梅雨、秋雨はどのような状態が起こっているのか?
そしてどのような体への影響があるのか?

 

知っているのと、知らないのでは過ごし方に違いがでます。

 

なぜなら身体のリズムも異なるからです。

 

昔の人は、そのことをよくわかっていました
現代の生活は、自然主体ではなく、人間活動主体ですので
その部分が忘れ去られてしまっていることが少なくありません。

 

では詳しく見ていきましょう!!

 

Q.そもそも気圧とは何なのでしょうか?

 

気圧とは、
空気や大気が地面やものに対し押し付ける力の圧のことです。

 

高気圧は、ぎゅ〜〜っと地面にかかる圧力が強い状態で外に向かって風が吹き、下降気流が流れ、
低気圧は、地面を抑える力が弱く、内側に向かって空気が集まることで上昇気流ができます。

 

こういった現象が起きているのですが、

 

実はそれよりも重要なのが「酸素が少し薄く、少なくなっている」ことです。

 

高気圧の時は、晴れてますよね。
酸素が多く、上昇気流が起こりませんので雲が少ないですよね。
下降気流ですので地面近くに酸素量が増えることになります
空から酸素が降り注がれるといったイメージです。

 

 

空気が多いので、比較的活動的な交感神経が活性化される時期です。
ですのでエネルギー消費するために活発な人間活動されるといいですね。

 

 

低気圧では、上昇気流のため地表近くでは、酸素が若干少ないため
副交感神経が活発となり、エネルギーのエコモード・リラックス状態となりやすいのです。

(しかしながら仕事は天気に関係なくある。。。農業漁業のような自然のお仕事はこの知恵を活用していると思います)

 

 

外側からの圧力が弱まり、内側からの外に向けての力が強まるため、血管や細胞が膨張し、
むくみや頭痛、倦怠感、痛みなどを引き起こすことになります。

 

 

若干異なりますが、非常に軽い高山病(高山は低酸素状態で低気圧です)
に似たような状態がカラダに表現されるといっても過言ではありません。
高山病にかからない為には、急な変化に対応するため低酸素と低気圧への順応が大切です。

 

ポテトチップスなどお菓子を飛行機に持ち込んで食べようとしたら。。。。
パンパンになってる!!ってことも体験した方は多いかもしれませんが、
要は超低気圧状態での感じはあのパンパンな感じです。
原理としては、外からの圧力があっての地上でのポテトチップスの感じですが、
低気圧状態であると、外からの圧力で袋が押されなくなるので内側からのチカラで膨張するわけです。

 

 

ふとん圧縮袋も低気圧状態を作るのになぜ萎む(しぼむ)のか?
これは「真空」という
大気状態は変わらない状況において大気よりも減圧しているので
しぼむのです。
空気がないことが真空と思われていますが、
減圧された状態が「真空」です。
わかりやすい例が汁物の蓋が取れないときとか。。。

 

 

このように気圧によって地上付近に変化が訪れるのです。

 

ちなみに
台風の場合
台風の前は気圧が高く
台風が通過しているときは、気圧が低く
台風が過ぎれば気圧が高くなります。

 

台風の前になんだか興奮するのは、脳の危険察知でアドレナリンが出るからと言われております。


低気圧による体への影響

では低気圧による体への影響について3つの影響を見ていきましょう。

 

「圧力の低下による膨張の影響」があります。

 

気圧と身体の関係性で言うと

 

気圧が1ヘクトパスカルの場合、1のチカラで大気から圧を全身に受けているということです。

 

ですので、低気圧の場合は、圧が弱まるということです。

 

逆に良いようなイメージがありますが、血流やリンパの流れも低下しやすく、体調不良になりやすいということなのです。

 

人間は適度な圧によって生かされている生き物とも言い換えることができるでしょう。

 

高気圧状態では、外圧がしっかりとかかることで
人体の構造上、安定感が増し、
血流やリンパを中心とする体内水分の流れへの圧も安定します。

 

 

逆に低気圧状態ですと、外圧が弱まることで
体内の流れへの圧にも変化が出るため、膨張するのです。

 

 

循環が悪くなっている血流や体内水流による影響によって
頭痛、吐き気、めまい、肩こり、腰痛、だるさ、むくみ、倦怠感、関節炎など症状として感じるということですね。

 

古傷は、組織の破壊や血流が悪くなっているところが多いので低気圧により、痛みや違和感を覚えることがあります。
血流低下や酸素運搬力の低下によって、シビレや痛み、関節の痛み、古傷の違和感などが出やすい状態となります。

 

膝が痛いなど、関節の問題を抱える方にとって関節も適度な圧が必要です。
低気圧による圧の減少による、痛みなど違和感を感じるのです。

 

第2の影響として「酸素量の若干の不足」があります。

 

高気圧は下降気流を生み、地上の酸素濃度が若干多くなり、
低気圧は上昇気流を生み、地上の酸素濃度が若干少なくなります。

 

若干の酸素不足が、自律神経の乱れに影響してしまうことがあります

 

酸素濃度的には、

 

通常の酸素量は21%
安全の限界としての酸素量は18%
これ以下になってくると、脈拍数・呼吸の増加、頭痛、吐き気、悪寒、めまい・筋力低下・吐き気などになります。

 

酸素は、人体に必要な最も大切な栄養です。
そして最も必要な内臓が、「脳」です。

 

おおよそですが、
通常の気圧は約1013ヘクトパスカルとして酸素量を100とすると
台風では、約950ヘクトパスカルとして95ぐらいでしょうか。(伊勢湾台風は895ヘクトパスカル)
低気圧の接近に伴って10ヘクトパスカル気圧が低下することにより1%ほど酸素が薄くなるといわれております。

 

でも実際は、ヘクトパスカルよりも周囲の気圧との比較により高気圧とか低気圧とか言ってることもあります

 

数値だけでは判断できないですが、酸素の量がいつもより若干少ないことによる影響があるということです。

 

第3の影響として「湿気」があります。

 

日本は海に囲まれた国であり、一年を通して、湿気が比較的多い国でもあります。

 

ですから梅雨や秋雨、台風など雨の降雨量も比較的多いですよね。

 

ではその湿気は体にどのように影響を与えるのでしょうか?

 

簡単に説明するとしたら
人間をスポンジだと思ってください。

 

 

カラカラだと軽く、水分を含むとズッシリ重くなります。

 

こんなことが体内で起こっているため、様々な症状が出てきます。

 

からだがだるくて重い
頭が重く、頭重がする
浮腫む(むくみ)
手足がだるく倦怠感がある
胃腸症状がでる
食欲不振になる
便がゆるくなる(下痢など)
手足が冷える
関節が痛む
神経痛やリウマチの悪化
皮膚の症状が出る
喘息などの発作
めまいや耳鳴り

 

東洋医学(漢方薬)の世界では、
脾胃(ひい)は湿を嫌うとあります。
脾胃(ひい)とは、現代医学的には消化器系の臓器などを指します

 

 

この脾胃(ひい)は腎臓や膀胱、肺大腸とともに体内水分の調節をしています。

 

ですから東洋医学(漢方薬)の脾胃(ひい)、腎、肺が弱っている方は、
湿による影響を受けやすくなってしまいます。
消化器系や腎臓や温める力、肺が弱っている方は、湿気により、身体に症状として悪影響が出やすいということです

 

飲みすぎや食べ過ぎ、過度なストレス、休養が取れない、寝れない、などの生活習慣がある方は、まずは胃腸に良い食材を少食にして、しっかり睡眠をとり、ストレスの発散を心がけていただきたい。

 

特に甘いもの、スイーツがお好きな方はほどほどに(*´∀`*)
体内の過剰水分に繋がりやすくなります。ほどほどに楽しんでくださいね。

 

漢方薬は、この弱った体質を改善し、湿気に強い身体にすることに非常に長けております。

 

また湿は、漢方薬の世界では湿邪(しつじゃ)といいます。

 

この湿邪は、呼吸によって、湿度の高い空気を吸うことによる影響もありますが、
実は、人間の皮膚の影響も大きいのです。

 

それは「不感蒸泄」です。

 

皮膚も呼吸してますよね。
私たちは皮膚から体内の過剰水分を発散して生きています。

 

実は1日に健常者で約600〜1100mlもの水分を蒸泄しています。
意識的に気づかない蒸泄なので「不感」と名前についています。

 

雨の日は、湿気が多く、汗もかきにくいためこの不感蒸泄量が低下します

 

それによる体内的な水分の過剰を生み出すことになるのです。

 

これら

 

1.圧力の低下による膨張
2.酸素濃度の若干の不足
3.湿度による過剰水分

 

3つの影響により、人間の身体の不調や変化がでてくるのです。

気象病って何?

 

気象病とは、近年になって認知されてきた病名です。

 

天気が悪いと

 

からだがだるくて重い
頭が重く、頭重がする
浮腫む(むくみ)
肩こりや腰痛などの痛みの出現
手足がだるく倦怠感がある
胃腸症状がでる
眠気がでる
精神的な気分の低下
食欲不振になる
血流が悪くなる
便がゆるくなる(下痢など)
手足が冷える
関節が痛む
神経痛やリウマチの悪化
皮膚の症状が出る
喘息などの発作

めまいや耳鳴り
持病の悪化

 

などの症状が出てきます。

 

季節の変わり目、低気圧、急激な温度変化、気圧の変化、湿度の変化、雨などにより
カラダの不調を表すものです。

低気圧による頭痛やカラダの症状(気象病)は名古屋市千種区の当院で

予約と問合せ

 

長々と説明してまいりましたが、
気候・気象・温度・気圧・酸素・湿度などによりどのように身体が影響を受けているのかご理解いただけたら幸いです。

 

近年の気候変動により

 

急な温度差
急な天候不良
急激な気圧変化

 

などにより身体に影響が出やすい気候になってきているかもしれません。

 

しかし、人間は古くから適応して生き延びてきた生物です。

 

現代にあった適応をしていくことが最も重要だと思っております。

 

それは自然のリズムを知り、身体も調和させ、できる限り自然体で生きていくことが重要です。

 

そのために

 

漢方薬での体質改善
漢方薬での症状の原因となっているところを改善
整体によって症状の原因になっている歪みを改善

 

することにより

 

その方の自然を引き出し、自己治癒力を本来のものにし、自然と調和する自然療法をご提供しております。

 

低気圧による不調、気象病などは当院ならではの自然療法が受けることができます。

 

低気圧・台風・気圧の変化・温度変化・季節の変わり目・湿度の変化によって体調が乱れるということは、

 

体質改善をしてくださいね〜!!というカラダからのメッセージなんです♪

 

しらいし自然療術院ならではの相談ができますので、ぜひこの機会にどうぞ。

 

ご予約は、お電話もしくはこちらの予約フォームからメールをください。

 

名古屋店の予約

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お電話でご相談されたいお客様へ

 

施術中やセッション中は申し訳ございませんが、お電話を取ることができませんので、電話でお問い合わせされたいお客様はその旨ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

電話

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5−7−1 
しらいし自然療術院
TEL052-781-6577

 

お車:店の前に駐車場が一台停めることができます。
電車:地下鉄東山公園駅1番出口もしくは2番出口より徒歩15秒

 

営業時間10:00〜20:00(最終受付19:00)
※お客様のご要望により時間外の施術・ご相談に応じておりますのでお気軽にお問い合わせください。
休日 第1第3土曜日・毎週日曜日・祝日(毎週水曜日は出張のため休院)

 

 

 

【ご来店エリア】

 

名古屋市千種区(東山公園・千種・今池・本山・池下・八事・茶屋ヶ坂)
名古屋市名東区・名古屋市昭和区・名古屋市瑞穂区・名古屋市中区・名古屋市守山区・名古屋市北区・名古屋市天白区・名古屋市緑区・名古屋市東区・名古屋市中村区・名古屋市西区・名古屋市南区・名古屋市中川区・名古屋市熱田区
長久手市・日進市・春日井市・小牧市・瀬戸市・尾張旭市・豊田市・大府市・東海市・北名古屋市・あま市・武豊町・犬山市・半田市・豊明市・津島市・愛西市・弥富市・一宮市・常滑・知多市・内海・東浦町・稲沢市・江南市・岩倉市・岡崎市・刈谷市・知立市・豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・鳳来町・碧南市・安城市・高浜市・西尾市など愛知県内
東京都、埼玉県、京都府、兵庫県、広島県、石川県、福岡県など遠方からもお客様がお越しいただいております。

 

 

漢方薬は処方によって値段が異なります。
ですのでご相談いただき、お客様に必要な処方を選定し、料金をお伝えする形となります。
ご予算の限度額がある場合は、先にお伝え頂き、その範囲内での漢方薬のご購入も可能です。

 

漢方薬の料金(一か月目安)
約5000円〜30,000円

 

平均予算
1ヶ月 約10,000円〜15,000円

 

ご相談料金は、漢方薬代金のみです

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

〜薬を使わず自然治癒したい方に「奇跡の自然治癒セッション」〜

 

奇跡の4回コース(総時間約140分)  金額43,000円
※しらいし自然療術院ではさまざまな病気や原因不明の症状などの悩みを持つクライアントさんの過去のセッション経験から毎日進化しております。数年前はセッションが30回ぐらい必要だった方が今では数回で終わるぐらい奇跡的なセッションが起きております。※自然治癒セッションとは話しながらその病気や症状の根本の意味や気づきによって自然治癒する対話です。
毎日満員が続いており、より多くの方に4回で基本的に終了する形で提供し、一生の宝になる「自分との向き合い方」「自分の人生と病気の本当の意味」「自分でカラダを調整できる自然調整法の伝授」などを含めてお伝えしていきます
書籍にもどこにも書かれてないあなただけの人生の深い意味が詰まった病気や症状を自己治癒してより意味の深い人生にされてください。
※メンテナンスで通院する必要はございません。

 

奇跡の4回コースの内容(ご自由にお選びいただけます)
◎1日で奇跡を起こす(1回約140分)
◎2回で奇跡を起こす(1回約70分×2回)
◎3回で奇跡を起こす(初回約70分、約35分×2回)
◎4回で奇跡を起こす(約35分×4回)※基本はこの4回で行うと一番良いです。

 

※このコースでは、漢方薬は不要の場合が多いですが、お客様のご要望によりましてご提供希望の場合はお出ししております。

 

単発での自然治癒セッション 1回約35分 11,000円

 

※お電話でも来院されてもどちらでも効果は変わりません。遠方の方はお電話で、お近くの方は来院がおすすめです。

 

■お支払い方法
一括でお支払い、分割(1〜3回目11000円、4回目10000円)どちらでも可能です。
来院の場合は、当日お支払い下さい。
お電話で行う場合、セッションを行う日までにお振込みください(一括、分割どちらでも可)。

 

ホームページの更新がほとんど出来てない状況ですが、現在はこのコースを受けに来られる方がほとんどになっております。



ホーム RSS購読 サイトマップ