名古屋市千種区の漢方薬

ずっと同じ漢方薬ではない?

『気に入った処方をずっと飲みたい』

 

この漢方薬は自分の体質に合うからずっと飲みたい。。。

 

そんな漢方薬に出会えることは素晴らしいものです。
漢方薬を含む東洋医学には、「未病」といって
「未ダイ病ニナラズ」の状態の内に治す、病気になる前に改善させる、治すことが大切とする言葉です。

 

ですから漢方の服用を続けることは、病気を防ぐ、病気のリスクを減らすものに繋がります。

 

しかし、実際は、病態や体質が変化してきましたら、同じ処方をずっと服用することは、よくないことがあります

 

漢方薬処方はその処方独自の働きがあり、適合した体質と病態でなければ効かないことがあります。

 

漢方薬が「鍵穴(体質や病態)にしっかりはいる鍵(漢方)」と例えられる理由です。

 

例えば、有名な葛根湯は、風邪にも、肩こり(項背強)にも、皮膚病にも、ウイルス性の下痢にも、帯状疱疹など古くから処方されてきました。
それは葛根湯の証(しょう)という適応する証(あかし)があるかどうかが重要な判断材料でした。
急性病の場合は、初期状態において脈が浮き、汗が出ない、悪寒があるかどうか(特に背中の膀胱経に悪風がないか)、首筋から背中にかけての太い筋肉が緊張して凝った状態があるかどうか判断されていました。

 

しかし風邪が以前葛根湯によって治ったから飲もうとして失敗することがあります。

 

風邪には大きく分けて葛根湯のような風寒のものと風熱のものがあるからです。
これを間違えると大変なことです!!

 

慢性病に関して、体質や病態が逆転することは非常に少ないのでそこまで危険なことは少ないですが、
体質改善で服用していた漢方薬は時に変えていく必要があるのです

 

漢方薬の大切なポイントは、
「いかにその体質・病態に適合した漢方薬を選ぶかが効果に現れる」からです。

 

それほど慎重に選び、体質と病態を見抜かなければならないのが漢方薬です。
ですので、気に入った処方を手放す必要がある状況もあるの
です。

 

ですから専門の漢方家に相談していただきたいものなんです。

 

自然の法則(A LAW OF NATURE)………………………………………
体質と病態に合った漢方薬は、状態の変化とともに処方が変わる
…………………………………………………………………………………


ホーム RSS購読 サイトマップ